読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

バオー来訪者

1980年代男性系 総合3.5以上(オススメの名作) c2_短編(5冊以内)

巻末の夢枕獏のコメントがすべてだ。

この作品の圧倒的な説得力は、
荒木飛呂彦」の絵に他ならない。


これだけオリジナリティにあふれる
作品を作り出せる作者はそうはない。


組織に改造された、主人公バオーと、
超能力少女スミレ。


全2冊の短い物語ではあるが、
その凝縮されたエネルギーには
恐ろしいものがある。

そして、そのエネルギーがその後の
ジョジョに繋がっていくわけだから、
やはり、作者のデビュー当時の作品が持つオリジナリティは、
そう簡単には書き変わらない指標なのだろう。


しかし、旧単行本の荒木氏の顔写真が
今とほとんど変わっていないのは
なぜなのだろうか。。。

 

f:id:mangadake:20161013075722p:plain


 

バオー来訪者 (集英社文庫―コミック版)

バオー来訪者 (集英社文庫―コミック版)