つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

パレス・メイヂ 番外編

 

 
近年の宮廷系ロマンスとしては最高峰といえる「パレス・メイヂ」の番外編もついに完結という事で、即購入。


久世番子」といえばエッセイ系のベテランのイメージであったが、
作者得意の観察眼と、膨大な参考文献に支えられた世界観で描かれるラブロマンスは、毎回、続きを読むのが楽しみなシリーズだった。
収録作品の最終話を、「柏木の屏風裏」という渋い話で抑えるあたりも、流石の構成力といえる。

モーニングで掲載された、新作「修羅場の人」も十人分に期待できる面白さで、連載開始が楽しみである。


ちなみに、本編の評価はこちら。王道恋愛マンガが好きな方にオススメしたい。

 

mangadake.hatenablog.jp