つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

ニュクスの角灯 3巻

  

 

ニュクスの角灯  (3)

ニュクスの角灯 (3)

 

 
相変わらず面白いのだが、
単行本を毎回、強烈に続きが気になる引きで
終わらせるのをやめて頂きたいものである。

ついに物語は19世紀のパリと日本の
パラレルな進行となったが、
ここからどのように着地させるのか、
作者の本領発揮となるのだろうか。

今までの作品群より圧倒的に
エンターテイメントの性質を高めている本作の
決着が今から楽しみである。

しかし、相変わらず巧い。

マンガ表現的な意味では、
登場以来、伊達メガネで表情が見えなかった「小浦百年」が
素顔を見せる事で、全く違うキャラクターのように
見せている描写が素晴らしい。

今まで描かれなかった目元の表情を、
豊かに描く事で、別のキャラクターを産み出すという
実験に成功している。

また、3巻は「大浦慶」の過去を描いた短編が収録されたが、
平らな顔の日本人の老若を書き分けられる、この技術は凄い。

モーニングで連載中のミシュラン調査員を舞台にした
「エマは星の夢を見る」も高いレベルを維持できているし、
今年は確実に「高浜寛」が総合ランキング入りしてくるだろう。

今のうちに読んでおくことをオススメしたい。

 

mangadake.hatenablog.jp