つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

ノーマーク爆牌党

麻雀マンガの先駆者片山まさゆきによる本格麻雀マンガ。

それまで麻雀ギャグ作品の多かった片山まさゆきだが、本作を機に、
シリアスな闘牌シーンの作品を描くようになったと記憶している。

連載当初は、片山まさゆき得意の
ギャグマンガ的な雰囲気の作品だったが、
主人公爆岡が繰り出す「爆牌」という概念が
徐々に浸透しだした頃から、
次第に物語はシリアスな展開を迎える。

そして、勝ち続ける天才主人公爆岡の心理描写は少なくなり、
負け続ける凡人プロ鉄壁が、
いかに「爆牌」を攻略していくかという展開に物語はシフトしていく。
「麻雀に流れなんてないよ」
と言い切る天才爆岡を相手に、何度も敗北を喫する鉄壁だが、
様々な理論や技術を身につけ、次第に「爆牌」の正体に迫る。
そして、爆岡の10連覇がかかった名人戦で、
鉄壁は爆岡に最後の戦いを挑むことになり・・・
様々な麻雀マンガがある中で、本作の闘牌シーンが、
どの程度のレベルにあたるかの評価は難しいところだ。

だが、少なくとも、鉄壁と爆岡の最終戦は、
麻雀がわかるわからないを別にして、マンガとして非常に面白かった。

ここら辺はやはり、マンガ家としての
片山まさゆきのキャリアの成せる業だろう。

今は古本屋程度でしか手に入らない作品かもしれないが、
機会があれば目を通しておくと良い。

麻雀マンガの古典の一つである。

f:id:mangadake:20151206043306p:plain