つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

式の前日

(2012年評)
また、帯にやられてしまった。

「発売3日で早くも増刷」の帯に。

やはり、過剰な煽り帯には
変に期待感を高めさせられてしまうので、
逆に読んでからのギャップが激しいのだろう。


作品としては、帯いわく
「泣ける短編」
を6作収録した作品である。


確かに下手ではないし、絵も上手いが
面白いと賞賛を与えられるほどではない。


なんとなく違和感が残る。


一度読み終えた後に、
もう一度読み返して感じた点は、


キャラクターの持つひねくれ方や
不器用さが全て同じである事だ。


絵が上手く書き分けられているので、
感じにくくはなっているが、
キャラクターの不器用さが割と似ている為に、
根底に流れる印象が同じになってしまっている。
(初期の木尾志目作品等が思い起こされる。)


しかし、案外に世の中の
人間というものは幅広い。

同じ不器用さでも
見せ方が違ったり表情が違ったりする。


その辺りを掴みきると、
さらに良い泣ける短編が
描けるようになるのではないだろうか。


ちなみに最後の「それから」という
我輩は猫であるを模した作品は一番面白い。


新人マンガ家発掘がお好きな方に
オススメ。

f:id:mangadake:20161014062309p:plain


 

式の前日 (フラワーコミックス)

式の前日 (フラワーコミックス)