つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

大使閣下の料理人

主人公大沢公は、
ベトナム大使の倉木和也に雇われた公邸料理人。

倉木が目指す「食による外交」を実現する為に、
主人公が振るう料理の数々が、
時に各国外交官、時には首脳陣の心を動かし、
様々な外交を実現していく。

上述のあらすじの通り、本作を作り上げるには、
かなりの専門分野の知識が必要となる。

政治、海外情勢、料理といった様々な情報を含んだ本作は、
なまなかのマンガ家では描くことはできないだろう。

昨今の、原作者がついている意味が見出しづらい作品と異なり、
まさに、原作者付きのマンガに相応しい傑作だ。

 

残念な点を上げるとすれば、そのピンポイントさ故に、
同じコンビで別の作品を描くことができない点だろうか。

ソムリエの原作者「城アラキ」にも言えることだが、
原作者の専門性が高ければ高いほど、
同じマンガ家と組んでも、残念ながら似たような作品しか描けない。

実際に、本作の原作者西村ミツルは、他のマンガ家と組んで、
相変わらず料理をベースにしたマンガを描いている。

城アラキも同様にソムリエール等のワイン作品の原作者になっている。

甲斐谷忍が、原作者がいなくても問題ない逸材だったのに対し、
かわすみひろしは本作以後、現時点では良作を生み出せていない。

もう一度本作のコンビによる作品を見てみたいものだ。

f:id:mangadake:20151128175246p:plain