つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

銀と金

福本伸行最高傑作
この作品の紹介は一言で言えばこれだ。


「天」「アカギ」「カイジ」と次々とヒット作を残す作者だが、
面白さの密度からいくと残念ながらこの作品の足元にも及ばない。

無論、この作品にも弱点はある。
一つは不幸にも、未完の作品だという点だ。

個人的には未完の作品に高い評価は下せない。
物語は完結していて初めて評価に値するという考えだからだ。

しかし本作は別格だろう。
特に誠京麻雀編のラストは麻雀漫画の金字塔である。
これ以上のクライマックスに出会える気がしない。


もう一つの弱点としては、知名度が低いという点だ。

多くの人の声を受けて、この作品の知名度が上がり、
続きを書いて欲しい!
そう願っていたこともあった。

しかし、今では諦めている。
きっと現在の作者にはこの作品の続きを書くほどの才能は
もう残っていないだろうから。

まだ小手先の引き伸ばし技術を知らず、
書きづらいテーマと全力で闘っていた若き天才が残した
奇跡的なエネルギーの凝縮が本作品なのである。

 

f:id:mangadake:20151123174321p:plain

 

 

 

 

銀と金 1

銀と金 1