読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

玄人のひとりごと

故 中島徹先生の遺作であり、
長期にわたってビッグコミックオリジナル
支えてきた偉大な作品。

人生の玄人を自称する主人公「南倍南」の、
旅、グルメ、ギャンブル、麻雀等などの様々な日々を描くギャグ漫画。

淡々と主人公の日常を描くタイプの作品なので、何かあるわけではないが、
マンネリにもなりすぎず常に面白い。
そんな4ページの連載を、病床に伏すまで20年以上続けたのだから、
その偉業は計り知れないものがある。

まさに作者自身が玄人であったわけだ。

人生はこだわりがある分、面白くなる。
そんな中年のおっさんが人生を楽しむマンガとして、
これほどくだらなく味わい深い作品はない。

 

今となってはマイナーな作品なので、
知らない人は全く知らないが
未読だと「このど素人が!」と
倍南に叱責されること請け合いである。

 生涯忘れられない名キャラクターの一人だろう。

まだまだずっと続きが読みたかった作品である。
ご冥福をお祈りいたします。

f:id:mangadake:20160224015558p:plain