読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

THE MOMOTAROH

1980年代男性系 総合3.5以上(オススメの名作)

本作を読んだとき、作者「にわのまこと」は天才だと思った。

次作「リベロの武田」を読んだとき、その確信は若干揺らいだ。

真島くんを読む頃には、にわのまことは天才ではなかった、
と思い知らされた。

大変悲しい思い出である。

 プロレスという難しいジャンルにおいて、

本作ほど成功した作品は、近代ジャンプを紐解いてみても稀である。

笑える、泣ける、盛り上がる。
無駄な展開はなく、全10冊でキレイにまとまった稀有な作品。

これほどの作品を残した作家が、
なぜ今の状態にあるのか、不思議でならない。

しかし、一つ考えられる軸があるとすれば、
小畑健の存在なのかもしれない。

今でこそ人気作家としての立場を確立している小畑健だが、
デビュー当初は苦戦の連続だった。

けれども、原作者付きマンガ家のポジションを獲得して以来、
安定して作品を産み出している。

かように考えるに、小畑健というマンガ家は、
誰かと組んだとき、抜群の才能を発揮するタイプの
マンガ家なのではないだろうか。

そして、小畑健がアシスタントをしていた作品が本作なのだ。

にわのまことは単行本の巻頭コメントで、
天才アシ小畑(当時は土方茂)がいなくなることを悲しんでいる。

今となっては真実はわからないが、
そんな邪推をしてしまうほど、
本作の出来栄えは新人一人の作品としては完璧だった。

この推測を否定するような傑作を、
もう一度是非描いて欲しい。

f:id:mangadake:20151217174649p:plain