つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

水面座高校文化祭

(2012年評)
第一巻の表紙をめくれば、
そこに広がるのは文化祭の熱狂。

なんとなしに手に取ってみた作品だったが、
とにもかくにも絵が上手い作者だった。

これだけ画面狭しとキャラクターを動かせるのだから
マンガ家としての資質は十分なのだろう。

しかし、残念ながらその才能に胡坐を掻いている。

本作は、タイトルの通り、
文化祭の始まりから終わりまでを描いた作品だが、
王道のメインシナリオ、
間に挟む奇譚系サブシナリオ、
どちらにおいても作者のテンポが前面に押し出されすぎていた。

最近増えてきた、読者が疲れるタイプの作者である。

マンガの幅が広がった分、
読者の許容量も上がったため、
こういった類の作品は増えてきた。

しかし、やはりマンガ家の王道は
読んでいて腹に落ちる物語作りである。
それがなければ、素晴らしい絵や雰囲気も
無用の長物というものだ。


この熱狂的なテンション自体が学園祭の熱だという
優しい解釈もあるかもしれないが、それならば、
ビューティフル・ドリーマー」を見て考え直したほうが良い。

奇譚の中にも物語性を描くことを、
もう20年近く前に押井守は実現している。


ただし、やはりこれだけの雰囲気と画力を持つ作家。
このままでは本当に勿体無い。
是非とも今の壁を越えて、もう1ランク上の作品を作って欲しい。
次回作に期待だ。

f:id:mangadake:20151217173854p:plain

 

 

水面座高校文化祭 コミック 1-3巻セット (アフタヌーンKC)