読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

黄門じごく変

1980年代男性系 総合3.0以上(読んで損はない) c2_短編(5冊以内)

懐かしのサンデー作品シリーズ

十数年ぶりに古本で再読。
まさに80年代サンデーを代表する作者の一人
中津賢也

その絵柄、作風、キャラ、ストーリー。
全てが当時のサンデーの雰囲気を象徴している。

格好いい絵柄に、チートすぎる強さの主人公と、
地獄と人間界が混ざりこむ壮大な舞台等、
30年前の作品だが、一周回って
今でも連載できるのではないか、と考えさせられてしまった。

その後、2000年代前半のリアル志向により、
この手の作品はマンガよりライトノベルやアニメの方向に
より強く傾向が出てくるわけだが、
中津賢也」が、アニメーター細野不二彦のアシスタント
だった事を考えると、本作が、アニメ側の作品に見えるのも、
当然なのかもしれない。

今、新たに読んで面白い作品かどうかは、
全く判断できない作品である。

f:id:mangadake:20170225031531p:plain

 

黄門★じごく変 (MF文庫)

黄門★じごく変 (MF文庫)