読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

輝夜姫

清水玲子」の描く世界の美しさを
楽しむ為だけにある、といって過言でない作品。

序盤のヒキは相当なもので、
かぐや姫伝説と、その生贄に、
沖縄の孤島で育てられた子供たちという
ミステリーサバイバル形式の展開に
吸い込まれたが最後、
読めば読むほど、不可思議な展開を迎え、
最後は、何とも言えない読後感のラストを残す。

頭の中で、伏線やらストーリーやら
構成やらみたいなものを練るだけ無駄なので、
途中から素直に、耽美な世界観と
絵を楽しむ作品として読むのが吉。


ただ、その為だけに全27冊は、
なかなかに根気のいるところではあるのだが。

後年の作者の世界観の様々な原型が、
顕れているともいえる作品なので、
清水玲子」ファンの方だけにオススメしたい。

f:id:mangadake:20170219211215p:plain


 

 

 

輝夜姫 1 (白泉社文庫)

輝夜姫 1 (白泉社文庫)