つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

はねバド!(13)

 

はねバド!(13) (アフタヌーンKC)

はねバド!(13) (アフタヌーンKC)

 

 

相変わらず「はねバド」の面白さが止まらない。

前巻までの、王者「益子泪」との闘いが盛り上がるのは設定上当然だったが、
かつてのライバル「なぎさ」の扱いをどうするかは、非常に気になるところだった。


そして、この13巻。


旧ライバル「なぎさ」の格を下げることなく、
今大会の最後のライバルとなる「コニー」の存在感を
十二分に高める事に成功した点は、
物語の構成として完璧だったのではないだろうか。

また、試合後の選手同士の交流の面白さも、
各登場キャラクターの魅力が発揮されている。

そして、次戦はついに「志波姫唯華」との闘い。

どう考えても作者「濱田浩輔」が最も推しているキャラなので、
最後の決勝戦よりも、この準決勝のほうが盛り上がってしまわないか
心配していたが、そこに母親のストーリーが絡んできて、
また、相変わらず続きが気になる終わり方であった。


しかし、わざと描かれたであろう途中のコニーの着替えシーンは、
この作品が完全に「萌えマンガ」から「スポーツバドミントンマンガ」に
切り替わったことを、読者に伝えているメッセージにすら思えてしまった。
1,2巻の頃と比べると、あまりに違っていて面白い。

そんな方向転換を果たした本作だが、
今の作品の面白さを見ると、成功だったと言えるだろう。

アニメ化も果たして読者の裾野が広がっている本作だが、
綺麗にあと数巻で完結して、
バドミントンマンガの歴史に残ってほしいものである。