読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

結婚しないと思ってた

(2012年評)

最初に断っておくが、デビュー作「カラスヤサトシ
を読まずに本作を読んでも何も面白くないという点を強調したい。

本作はマンガ家カラスヤサトシ
自分の理想の女性に出会うために
どうしようもないお見合いを繰り返し、
そして、最後には幸せな結末を迎えるという、エッセイマンガである。

カラスヤサトシは、昨今でこそ、それなりに売れてきたからか、
描くマンガも人並の感性に戻りつつあるが、
カラスヤサトシ」1巻の頃等はかなり酷い精神状態だった。
酷いというより、もう若干病気だったといえる。

名作、「幽玄漫玉日記」の桜玉吉
自身をうつ病と認識していたのに対して、
カラスヤサトシ」はそれを全く自覚していなかった。

しかし、第1巻に収録されている4コマのいくつかを見てみれば、
人格的に壊れていた時代があるのは明らかである。

「今、この瞬間足を動かしたらそのまま窓から飛び降りて死ぬ!」

みたいなゲームを自分自身に課すような4コママンガが、
常人の発想であるわけがない。

そんな「カラスヤサトシ」が結婚できるとは。。。
もはやそれだけで私などにしてみれば感涙モノなのである。

カラスヤサトシ」や「福満しげゆき」等に対しては、
どうしても人生を同じ時間で歩んでいる様な
不思議な共感を抱きながら、
ついつい単行本を手にとってしまうのである。
故に、大事なことなのでもう一度書いておくが
カラスヤサトシ」の第一巻をまずは読むことをお勧めする。

そこで、面白さが理解できなくても、それは常人の感性なのだ。
ただ、第一巻の病的な感性に魅かれるのであれば、
彼の作品全てに手を出してみても良いのかもしれない。

f:id:mangadake:20160217210213p:plain