読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

あの日からのマンガ

(2012年評)
しりあがり寿と言えば、
個人的には「流星課長」がお気に入りである。

「どんな満員電車でも必ず座って帰る伝説の中間管理職」

風刺作品としても単純なギャグ作品としても秀逸だった。


そんな奇才が描いた、
大震災以降の日常を描いたマンガ。

震災当初からの、朝日新聞の夕刊連載
地球防衛家のヒトビト」をはじめ、
月間ビーム掲載作品などを、
時系列に収録している作品となる。
ページの右下には日付が入っており、
どの時点で描いたマンガなのかがわかることも、
当時の記憶を蘇らせる。

話題が話題なので、
笑える作品というものでは全くないし、
作品自体の質が物凄いかと言われると、
答えに詰まる部分はある。
しかし、この未曾有の深刻な事態に際し、
最も影響力を持ちにくいであろう、
「虚構」を描くマンガ家という職業の人間が、
マンガで何かを伝えようとした、という点を高く評価したい。


やはり奇才と呼ばれる人達は、
常人とは違う何かを持っている。

f:id:mangadake:20160208215809p:plain


 

あの日からのマンガ (ビームコミックス)

あの日からのマンガ (ビームコミックス)