つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

花咲ける青少年

樹なつみ作品はどれも面白いが、
個人的に挙げさせてもらえば、
やはり本作をお勧めしたい。


残念ながら「樹なつみ」は
レビュー泣かせのマンガ家だ。

その独自の世界観と設定により
類似した作品が少ないので、
説明が大変難しい為だ。

しかし、それにしても
本作の構成は見事。

大国の王子と、場末のクラブの女性の
ローマの休日を模した出会い。
そして、その時に密かに宿ってしまった
王家の血を引いた末裔。


そんな壮大な序章から始まる、
一国の動乱と女子高生の主人公をめぐる物語。


「女子高生」と書くと途端に
二流作品の匂いがしてしまうが、
本作は近年の「女子高生」ジャンルの作品とは全く異なる。


まさに世界を股にかけるといった表現が相応しい冒険譚だ。


ラストの国民への演説は、
数多あるマンガの演説シーンの中でも
屈指の名場面の一つである。

また、そんな骨太な物語を動かしながら、
タイトル「花咲ける青少年」に相応しい
恋愛絵巻も展開する。


これは並大抵の所業ではない。


未読の方は必ず抑えておくべき
90年代屈指の傑作である。

本編だけで十二分に完成している作品なので、
番外にあたる「特別篇」は、評価外としている。


f:id:mangadake:20160925085032p:plain