読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

荒川アンダーザブリッジ

2000年代女性系 総合3.0以上(読んで損はない)

中村光は、やはりギャグマンガ家なのだなぁ、
改めて感じさせられた作品。

他人に借りを作れないエリート「リク」と
自称金星人のホームレス「ニノ」

そして、河童村長をはじめとした
彼らを取り巻く、荒川河川敷の不思議な住人達。

キャラクターと設定が抜群の為、序盤は勢いで読まされるが、
本作の人気を支えていた要因は2つある。

一つは純粋なギャグマンガとして。
そして、もう一つは、心に傷を持った不安定な人達が集まる、
ノスタルジックなファンタジーとしての側面だ。

マンガ的で異常なキャラクター達が、
現実に帰る瞬間というのは、
物語でカタルシスをうみだす黄金律であり、
これを自由に使いこなすのが天才「高橋留美子」である。

本作も十二分にその土台が揃っていたのだが、
良くも悪くもギャグマンガ家「中村光」はその道を選ばず、
あくまで、4コマ的な落とし方のギャグマンガとして本作を完結させた。


中盤以降の物語への賛否両論は、
そんな、ノスタルジックファンタジーを
夢見た人たちからの失望が混じっていたのだろう。

迷惑なはずの非日常が、
突然失われた時の虚無感を描いた、
そんな作品を読みたくなった今日この頃である。

f:id:mangadake:20160716101134p:plain