つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

ゴールデンライラック

表題作「ゴールデンライラック」は、
萩尾望都作品の中でも、
地味の雰囲気の作品だろう。

しかし、この地味さが、
人生の渋みを感じさせて非常に良い。


ライラックの茂みの中で出会った、
ヴィクトーリアとビリーの二人の小さな恋人は、
その後、様々な人生の波に翻弄されながらも、
お互いを心の片隅に置きながら生きていく。

しかし、本作は良くある浅い恋物語ではない。

ヴィクトーリアが最初に結婚するのは、
中年の紳士ハーバートだ。
彼の財産と熱心な求愛にほだされ、
彼女は結婚を選ぶ。

けれども、ヴィクトーリアはビリーを忘れられず、
ついにハーバートに懺悔する。

「あなたを一番愛していたわけじゃないのに結婚したわ」
その言葉にハーバートはこう返すのだ。
「そんなことはいいんだ。わたしのほうは一番愛してたんだから」

萩尾望都との対談集で羽海野チカが絶賛するこのシーンは、
人生の持つ豊かさを感じさせてくれる名場面である。


この作品を描いたのが、30歳前後の頃かと思うと、
作者の持つ幅広い人生観に恐れいる。


同じく収録されている「ばらの花びん」も
小気味良いテンポで描かれる傑作。


マンガという文化を一段上の世界に引き上げてしまった
作者の若き頃の才能を楽しめる傑作だろう。

f:id:mangadake:20160609081219p:plain


 

ゴールデンライラック (小学館文庫)

ゴールデンライラック (小学館文庫)