つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

えへん、龍之介。

(2012年評)
奇才・松田奈緒子が描く、
芥川龍之介の生涯を描いた作品。

文芸モノで言うと近年は太宰治
マンガ化がブームになっていたが、
そんなブームには乗らずに、
優等生で作品にしづらい芥川を選ぶ辺り、
さすがというべきか。

「レタスバーガープリーズ.OK,OK! 」
と同様に、そのタイトルで明らかに損をしている。

もちろん、作品を読み終えた後は、
本作のタイトルは、

「えへん、龍之介。」

の他には考えつかないほど、
秀逸なタイトルだと気づくのだが。

しかし、それにしても、異端過ぎる才能だ。


作品内の見所は様々あるが、
個人的にはやはりラストを推したい。

これほど流麗に死の間際を描けたのは、
構成もさることながら、作者の
丁寧な取材に裏づけされたものに違いないだろう。


惜しむらくは1冊程度の長さで
終わってしまっている点のみ。

これだけ密に展開する作品ならば、
もう2,3冊読んでみたかった。

名作である。

f:id:mangadake:20160427082202p:plain

 

 

えへん、龍之介。 (KCデラックス BE LOVE)

えへん、龍之介。 (KCデラックス BE LOVE)