つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

うどんの女

(2012年評)

作者名「えすとえむ」は、私の中で、
新作をチェックしなければいけない
マンガ家として刻まれた。

今回眺めているこのマンガがすごい
ランキング入り作品の中では、
現在、頭一つ抜けている。

そんな印象を受けた。

とにもかくにも、展開が独特にもかかわらず大変読みやすく、
ページをめくる手が止まらない。


35歳の学食勤めの女性と、21歳の大学生。

お互いがお互いを何となく意識しながら、お互いを妄想して、

けれども、2人の間にあるキーワードは、

「うどん」という単語のみ。
これで一冊の作品として膨らませ、
完結させているのだから、抜群の手腕だ。


ランキング入りした短編の多くは、残念ながら、
「最後まで結末を描かない」という意味を
履き違えている作品が多かった。

作者の想像力の不十分さを、
読者の想像にお任せします、
と言わんばかりに投げ出すラストシーンが多く、
いささか残念だったのだが、本作は違う。

2人の距離がどう変わったのか、
そのところは定かではない。

けれども、うどんを2人で食べるラストシーンを見れば、
自ずと行く末や2人の間の変化は読者の心の中に落ちてくるのだ。

この艶のある作品作りを是非、見習っていただきたい。

お勧めしたいマンガ家だ。

f:id:mangadake:20151212224257p:plain


 

うどんの女 (Feelコミックス)

うどんの女 (Feelコミックス)