つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

黄色い本

高野文子」の才能を感じたければ、
個人的には、やはり本作がベストである。

表題作の「黄色い本」は圧倒的な完成度を誇る傑作で、
多分、どの年代、どの性別に読ませても通用する作品である。
これは物凄い事だ。


人が読書に没頭するという、
ただそれだけの単純な事象を、
これほど巧みに描ける作者は、
正直、他に思いつかない。


マンガ自体が絵という技術を媒介としている為、
その才能の本質を問われる事が少ないが、
「純文学」と同質の「純漫学」があるとすれば、
それを描ける数少ない才能の一人が「高野文子」なのだ。

f:id:mangadake:20170819183230p:plain

 

黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン)

黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン)