読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

足摺り水族館

不思議な作品を描く作者「panpanya」による、
初期短編集。


最初に収録されている
「完全商店街」が白眉で、
これは確実に読む価値のある傑作。


異様なまでに書き込まれた細部と、
ぼんやりとした主人公の
描画のギャップがたまらなく面白い。

そしてその構成は、
物語の世界観そのものでもある。


以降は、ショートショートと呼ぶには、
少しシュールすぎるオチのない世界が続くが、
独特の描写が面白く、つい読み続けてしまう作品集だ。


定価1200円と多少高めに感じるが、
中の紙が薄く、300P以上あるので
読みごたえは十分。


ガロ系作品に、可愛らしさや萌えといった
昨今の風潮を混ぜ込むと、
こんな解につながるのかもしれない。
そんなことをぼんやりと感じさせられる作品だ。

f:id:mangadake:20170417213055p:plain

 

足摺り水族館

足摺り水族館