つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

怪談人間時計

世の中には、
どうにもカテゴリー分類できないマンガがあるわけで、
本作「怪談人間時計」は間違いなくそれに該当する。

当時、書店でこの作品を見つけた時の
インパクトは凄まじかった。

そして、中身を読んでまた驚く。

とにもかくにも、カルトとしか言いようがない、
狂ったデッサンと狂った物語である。

作者「徳南晴一郎」自体も、
消えたマンガ家の一人であり、
本作の神話性を高めている。

初出は60年代という本作だが、
今なお、世の中から忘れられていない
怪作と呼ぶに相応しい作品だろう。

面白いかどうかという軸の作品では全くないので、
普通のマンガを読みたい人は読む必要はない。

 

f:id:mangadake:20170225002313p:plain


 

 

怪談人間時計 (QJマンガ選書)

怪談人間時計 (QJマンガ選書)