つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

デカポリス

かなりのマイナー作品を、
久しぶりに読んでレビュー。

週間少年チャンピオンで、
ひっそり連載していた刑事ギャグマンガ

2000年連載なので、約17年前になるわけだが、
以後、「岩塚卓」名義の作品は出ていないので、
既にマンガ界からは去ってしまったのだろうか。

基本は、ナンセンスギャグだが、
時折、人情話も挟んでくるタイプの作品で、
良くも悪くも、正しい意味での少年向けマンガである。

ギャグは時代と年齢を選ぶので、
今更読み返すには厳しいマンガだが、
懐かしさを覚えた方は、少なからずいるであろう作品である。

全然関係ないが、ブログ内のレビューの444番目の作品になった。
何とも「デカポリス」らしいナンバーである。

f:id:mangadake:20170311192521p:plain

 

デカポリス 1 (少年チャンピオン・コミックス)

デカポリス 1 (少年チャンピオン・コミックス)

 

 



VIVO!

何とも自己中で、やる気のない教師像を貫く
主人公「ナカムラ」と、
そんな教師と関わることになってしまった、
生徒達との不思議な時間を描いた本作。

作者「瀬川藤子」は確実に天才肌タイプの作者で、
絵・キャラ・ストーリーのバランスが抜群に良い。

どことなく「志村貴子」の世界観に通じるものがあるが、
あそこまで感性だけで作品を創っている感じはしないので、
結果として本作は読みやすい作品に仕上がっている。

高校生活という舞台を使えば、
いくらでも伸ばせた物語に思えるが、
最後までアクティブに動かない主人公を
1年間限定の先生に設定した結果、
全3冊で何事もなく終わっている。

しかし、結果として何もしなかった割には
随分と爽やかな読後感を残した本作は、
中々の傑作である。


f:id:mangadake:20170225011330p:plain

 

VIVO! 1 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)

VIVO! 1 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)

 

 

 

VIVO! 2 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)

VIVO! 2 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)

 

 

 

VIVO! 3 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)

VIVO! 3 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)

 

 

ゴーゴー♪こちら華咲探偵事務所。 / はなたん―華咲探偵事務所―

この作品を読んだ頃には、「渡辺航」がその数年後に
弱虫ペダル」で大ブレイクするとは、
思いもよらなかった。

女性探偵所長「華咲サヤ」と、
所長に振り回される新人「小金田一」という
組み合わせで進む物語だが、
まだまだ作者が描きたい領域が見えない時代なのか、
淡々とした流れで4冊で完結する作品である。

一応、一つだけ貼っていた伏線は
最後に回収したので、その点は良かった。

ただし、独特な絵柄
ちょっとマニアックなキャラクターに、
ベタすぎるストーリーといった状況なので、
現在の作者の活躍を知る人が期待して読むのはオススメしない。

探偵ジャンル、ベタなギャグ、
もしくはラブコメが好きな人なら、
そこそこ楽しめるかもしれない。

そう考えると、本当に伸びたものである。
ちなみに「はなたん―華咲探偵事務所―」は
新装版みたいな作品なので、あえてそれぞれ読む必要はないだろう。

f:id:mangadake:20170308074747p:plain

 

ゴーゴー♪こちら私立華咲探偵事務所。 コミック 1-4巻セット (BUNCH COMICS)
 

 

 

ゴーゴー・こちら私立華咲探偵事務所。 1 (BUNCH COMICS)

ゴーゴー・こちら私立華咲探偵事務所。 1 (BUNCH COMICS)