読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

物の怪らんちき戦争

(2012年評)
本作はいわゆる妖怪モノ。

水木しげる御大のファンとしては、
妖怪作品は基本抑えてしまうのだが、
なかなか名作には出会いづらい。


以前、別作品でも評したように、
妖怪=水木作品
の為、その縛りから逃げようと、
マイナー妖怪に走るか、
オリジナリティの部分で水木御大の真似に
なってしまうケースが多い為だ。


本作は完全に前者。


マイナーさを前面に出して
作品作りをすることには成功しているが、
その部分にパワーを持っていかれすぎていて、
ストーリー構成がややベタすぎる感があった。


そういえば、
夢来鳥ねむの名前はしばらく見かけていないなぁ、
と思い出した今日この頃である。

f:id:mangadake:20160712064018p:plain