つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

ミリオンジョー

もし、ONE PIECEのような壮大な長期連載作品の作者が、
突然の死を迎えてしまったら世の中はどうなるのか。

長期連載がはびこる現代だからこそ描けた
サスペンス作品が本作である。

少年マンガで大ベストセラーを誇る作品「ミリオンジョー
の担当者を務める主人公「呉井」は、
ある時作者からの体調不良の連絡を無視してしまう。

その後、彼が自室で一人死んでしまっている事を目撃する呉井だが、
部屋には作品の結末までのあらすじが描かれた
創作ノートが残されており、
追い詰められた呉井はミリオンジョー
自分の手で描き続ける事を決意するわけだが。。。


粗削りながらも、迫りくる恐怖感などは、
サスペンスならではの面白さがあり、
最後まで続きが気になって読まされてしまう。

ただし、この手の主人公が破滅する秘密を抱えている作品は、
最後の展開がなんとも評価が難しいので、
その辺りは各自が結末を読んでほしい。

マンガ界サスペンスの秀作であり、
「十口了至」「市丸いろは」のコンビの次回作に期待したい。

f:id:mangadake:20170716154210p:plain