つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 魔属魔具師編

 


雑誌のカラーにそぐわない、
異色のサスペンス連載が2つも同時に始まった事は、
当時のジャンプ愛読者なら必ず覚えているだろう。

松井優征の描いたネウロと、西義之が描いたムヒョとロージー

それぐらい、この2作品のインパクトは圧倒的だった。

しかし、その後の二人の作者の未来は対照的で、
片やジャンプを代表する人気作家となり、
片や打ち切りの繰り返しで週刊少年ジャンプを去ることになるわけである。

そんな「ムヒョとロージー」の作品発表から十数年。

正直、全く期待せずに読んだ本作だったが、
予想以上に面白かった。

かなりの時間が経過したのだが、
本作の持つオリジナリティの高さは
その程度の年月では色褪せないレベルだったのである。

旧作の読者ならば、ぼんやりと読み進めるだけでも、
当時の作品の面白さが甦るだろう。

しかし、こんな風に続編を書かせてもらえるのだから幸せな作者だ。

続編の間口が今後も広がるなら、
P2!の続編が読みたいと思う今日この頃である。