読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

ブラック・ジャック

1970年代男性系 総合4.5以上(不朽の名作)

残念ながら本作を読まれた事がない方とは、
マンガの話をする気にはなれない。

説明不要の大傑作だ。

思えば手塚マンガは、普通のマンガとは違う。

宮崎アニメが普通のアニメと区別されるように、
手塚マンガもまた、普通のマンガと区別される。

その壁はやはり作者の持つ哲学の深さだろう。

本作における主人公ブラック・ジャック
人間に対する哲学は計り知れなく深い。
皮肉屋ながらも、深い人間愛を持つキャラクター性は、
円熟期を迎えたベテランにしか描けない人物像だ。

その意味では、さすがに手塚治虫の名を
不動のものにしただけのことはある。


登場する名言は数え切れない。
泣かされた場面も数知れない。

人の命を扱うという重たいテーマを、
少年漫画としてわかりやすく面白くする為に、
設定されたブラック・ジャックのキャラクター。

無免許で法外な医療費を請求するが、
その手術の技は神の如き。

こんな魅力的な設定があるだろうか。

人の命と金の重み、その目方は誰が決めるのか。
そんな事を考えさせられる素晴らしい作品だ。

1970年代という非常に古い時代に作られた本作と比較して、
最近の医療マンガは、単純に医療知識の解説マンガに
成り下がっている点は悲しい限りである。

 

医療現場はかくも人間を深く描ききれる。
本作はその事を物語っている。
巨匠の志を継ぐ作品に出会えることを願う。


最後に、この不世出の天才マンガ家が残した
言葉を付け加えておく。

「医者は生活の安定を約束していた。
しかし、僕は絵が描きたかったのだ。」

医師にもなり得た手塚治虫は、結局のところ、
どちらもマンガの世界で実現してしまったのだ。

 

f:id:mangadake:20160125230511p:plain