つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

でろでろ

押切蓮介」の才能が、
100%発揮された謎の傑作。

少年誌のホラー作品は、
今までいくらでもあったが、
主人公が直接お化けをぶん殴れるという
唯一無二の設定だけで、
ここまで上り詰めたのだからスゴイ。
しかも、そこに何の設定も理由もつけないのだから、
さらにスゴイ。

第一話から、ホラーマンガのメタ発言連発で、
圧倒的な才能を見せつけ、
その後も、ホラーマンガという皮をかぶりながら、
SFコメディ作品といえるような、
奇妙な物語をひたすら豪快に続けるわけだが、
その爽快感と、謎のキャラクター達に魅せられてしまう
不思議な作品である。

初期の絵のクオリティは、
作者も自覚しているとおり相当なもので、
その後、現在に至るまで、物凄く向上しているわけでもない。

しかし、そんな絵のレベルを差し置いても、
このマンガは面白い。
マンガの可能性を広げた才能に
素直に脱帽する作品である。

そして、こんな謎のマンガを連載させた
ヤングマガジンの冒険心にも感謝である。
この時代のヤンマガはやはり強かったなぁ。

f:id:mangadake:20160110232501p:plain