つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

自虐の歌

知っている人は知っている、
マンガで人生を描く作者「業田良家


本作は、映画化などもしてしまい、ちょっと有名になりすぎてしまったが、
感動を期待して読むような、そういった類の作品ではない。


あくまでくだらない4コマ漫画として
楽しむべき作品である。


そして、そんな4コマ漫画なのに、後半にいくにつれて、
読むのがやめられなくなり、最後には泣かされる。


そんな愛すべき作品だ。


ただ、期待し過ぎると泣かないかもしれないし、
若いうちは何が面白いのかわからないかもしれない。


けれども、年を取るほどになんだか泣けてくるし、
きっと、人によって泣けてくる場面も違う。


そんな味わい深さと懐の深さこそが、
「自虐の歌」最大の魅力なのだ。

期待せずに、なんだこのマンガは、
程度の印象で読み始めるのが一番である。

f:id:mangadake:20180325175309p:plain

 

自虐の詩 (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)

自虐の詩 (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)

 
自虐の詩 (下) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)

自虐の詩 (下) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)