つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

高台家の人々

ベテラン「森本梢子」の腕が冴え渡る、
異色のラブコメ作品。

冴えない会社員の主人公「木絵」が、
風邪で会社を4日休んでいる間に現れたのは、
海外支社帰りのイケメン社員の王子様。

と、ここまでは如何にも王道少女漫画だが、
その王子様が実は人の心を読めるとしたら、どうなるのか。


王道の設定に異色の能力を加える事で、
何とも言えない味の作品に完成させたところがスゴイ。


特に、人の心が読めるというのは、読み切りや、
サブキャラクラスの設定には使いやすいが、
主人公クラスに持たせると
相当物語作りが困難である事は
容易に想像できるところ。
そこを、違和感なく読ませる
ベテランの構成力に思わず脱帽。

全6冊、大きな起承転結がある物語ではないが、
主人公「木絵」の妄想に笑いながら、
いつの間にか微笑ましくなってしまう優しい作品である。

 

f:id:mangadake:20180226224428p:plain