つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

クレムリン

唯一無二のシュールギャグ系猫ちゃんマンガ。

そもそも、作者の名前が「カレー沢薫
な時点で唯一無二である。


道端に捨てられていた三匹のロシアンブルーの猫。
名前は何故か三匹とも「関羽」。
決して世の中に転がっている
猫マンガと同じだと思ってはいけない。
不条理系ギャグ漫画の最高峰で、
読んでいて若干不安になってしまう面白さだ。


モーニング連載時からその名をとどろかせ、
2度の打ち切りにあい、3度の最終回を迎えた作品として、
もはや伝説的なギャグマンガである。


序盤の迷走も素晴らしいが、
後半以降の、サラリーマン編も捨て難い。
まったく万人向けでない、意味不明の傑作だ。
発行部数的な意味からもレアな作品なので、
見かけたら是非、立ち読みしてほしい。
これほどまでにエッジの効いた作品を
購入まで勧めるほどの勇気はない。


好きな人だけが永遠に好きな作品であり、
我が家の本棚にはいまだに根付いている。

f:id:mangadake:20180225211636p:plain