つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

坂道のアポロン

久しぶりに読み返したが、やはり面白い。
ここ近年で最高に好きな作品の一つである。


東京から転校してきた線の細い主人公と、
暴れん坊で友人のいないもう一人の主人公。


対極的な二人を中心とする青春の物語は、
なぜいつもこれだけ面白い素材になるのか。


特に学生時代を背景にした友情作品というのは外れが少なく、
マンガの定番ともいえる設定だろう。

家の中で居場所のなかった二人が、
JAZZNのセッションという聖域の中で、
時にすれ違いながら育んでいく友情の物語が、
全9冊という適度な長さで完結しているのが心地よい。

最後のBONUS TRACKも必読の一冊で、
最終話は涙なしには読めない出来栄えである。


2000年代を代表する少女マンガの一角として
決して外せない「小玉ユキ」渾身の傑作である。

オススメだ。

f:id:mangadake:20180213063803p:plain