読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

デビルマン

デビルマンを産み出していなければ、
永井豪というマンガ家への評価は
全く違ったものになっていただろう。

もちろん、人気作品を多数排出した
一流マンガ家である事は理解している。
けれども、

デビルマンだけは別格だ。


デビルマンはその主題歌等から、
アニメーションの方が有名かもしれないが、
作品の質としては比べるのもおこがましい程に
マンガの出来栄えが素晴らしい。

悪魔の身体を持った人間の苦悩。
実在するマンガの中で、
これほど世紀末の混沌を紙面に落とし込めた作品を
私は知らない。

北斗の券は劇画的なその画力で
世紀末を描くことに挑戦したが、
カオスの描写においては、
本作の持つ「画力以上の何か」が、圧倒した。

残念ながら、それは読者が
直に本作を読んでみないと伝わらないだろう。
けれども、読んでみれば二度と忘れない。
そんな情念。

ハレンチ学園以後、弾圧されていた永井豪
熱量の全てが投下されているといっても過言ではないだろう。


本作だけをもってしても、
永井豪は、マンガ界の頂点に君臨する価値があると私は思う。

f:id:mangadake:20151220214910p:plain