つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

レベルE

既に20年近く前の作品になりながら、
今もって根強いファンを持つ本作。


幽遊白書少年マンガの落としどころを
見失った作者「冨樫義博」が、
自身の欲望と趣味の全てをさらけ出した本作は、
全3冊という短さとあいまって
確かに、作者の最高傑作と呼ぶに
相応しい作品に仕上がっている。


特筆すべきは週刊誌にも関わらず、
完全に休載を前提にした連載ペースであり、
今振り返ると、相当な我儘を通している作品である。


ただ、その分面白さは折り紙付きで、
未だ本作を超えると思えるSF短編作品は少ない。


万が一読んでいない読者がいれば、
想像の斜め上を行く面白さの本作を、必ず抑えておくべきだろう。

このクオリティを維持するからこそ
マンガ界で唯一あれほどの休載が許されているのだから。

f:id:mangadake:20180208062219p:plain

 

レベルE (vol.3) (ジャンプ・コミックス)

レベルE (vol.3) (ジャンプ・コミックス)