つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

筒井漫画涜本

筒井康隆の原作を様々な作者が漫画化した短編集。

星新一作品の漫画化などはまだ読めるレベルなのだが、
さらにナンセンスとブラックユーモアを進行させてしまった
筒井作品となると、流石に混沌とし過ぎてしまう結果だった。

加えて、「相原コージ」「吾妻ひでお」「いしいひさいち
内田春菊」「蛭子能収」「喜国雅彦」「けらえいこ
しりあがり寿」「とり・みき
等の今となっては大御所になっている作者陣が、
好き勝手に描いているので、ますます混沌である。

その意味で、面白い面白くないというより、
原作者のファンが、混沌とした世界を楽しむ為に
読む作品なのだろう。

 

f:id:mangadake:20180203200547p:plain

 


 


筒井漫画涜本

筒井漫画涜本