つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

放浪世界

水上悟志」作品は好きなので新刊が出れば必ず目を通すわけだが、
本作の出来栄えは、「並」といった感想である。

既にSFジャンルでは様々な面白い作品を産み出しているだけに、
どうしても期待のハードルが高くなってしまう点は申し訳ないが、
帯にも書かれている収録作「虚無をゆく」を含め、
少し期待値が高まり過ぎてしまったようだ。

ただし、「虚無をゆく」自体は、設定や構成含めて
水上作品らしい良いSF短編である。

ただ、それ以上に面白い作品を排出している作者なので、
この程度と思われてしまっては困る。

代表作の「惑星のさみだれ」をはじめ、
話題にはならなかったが「スピリットサークル」も手堅い面白さがあったし、
今までの短編集も良くできている。

そんな作品群を読んでいれば、
恐らく本短編集に対して、「並」と感じたのも理解して頂けるはず。

未読の方は、本作だけでなく、
色々な水上作品に手を出してほしいものだ。

f:id:mangadake:20180115205852p:plain