つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

少年エスパーねじめ

一体なぜあの週刊少年ジャンプ
このマンガ家を採用しようと血迷ったのか
今もってわからない天才作家「尾玉なみえ


雑誌掲載から10年近くが経過した
今もなお、ここまでカオスなマンガは正直少ない。
その意味では最先端である。


ジャンプが誇る天才ギャグマンガ家「うすた京介」も、
かなり無秩序なマンガを描くが、
それでも彼の場合はまだギャグを研究している姿勢がある。


尾玉作品には、まったくそれがない。
垂れ流しである。
ただの才能の垂れ流し。


なので、色々な意味で制御できていない。
完全版に収録されている書下ろしも酷い内容。
特に主人公の扱いの悪さときたら。。。

 

怠惰な生より名誉ある打ち切りを。

純情パインで学んだ失敗を全く生かしていない
打ち切りの女王に相応しい傑作である。

f:id:mangadake:20180108214600p:plain

 

 

少年エスパーねじめ<完全版> (シリウスKC)

少年エスパーねじめ<完全版> (シリウスKC)