つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

サユリ1号

村上かつら」の代表作といえば、やはりこれだろうか。


自分の妄想の中の美少女とそっくりの人物が、
現実に現れたら人はどんな反応をするのか。

そんな思考実験ともいえる設定に、
大学生活という不思議な時間軸と人間関係を絡めた本作の登場に、
当時は随分と感動したものである。

しかし、中盤から作品自体がどこに辿り着きたいのか不明になり、
最終的には、どこにも行けない空気の中で完結してしまった。

ヒロインである「大橋ユキ」を始めとした登場人物群が何を考えているか、
最後までわからなかったが、最終巻のあとがきを読むと、
作者自身にもわからなかったようである。

やはり、短期連載の設定を長編に変えてしまうと、
色々こじれてしまう部分があるのだろう。

タイトルと序盤の面白さは素晴らしいだけに、
惜しい作品であった。

f:id:mangadake:20180105072751p:plain