つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

焼きたて!!ジャぱん

パン職人という珍しいテーマを扱ったマンガの中では、
最も有名と思われる本作。

主人公「東和馬」は、パン職人に憧れる少年で、
日本人にとってのご飯のようなパン=「ジャぱん」を作る事を夢に
職人としての道を目指す。

序盤の面白さは大変素晴らしいものがあるが、
問題は中盤以降で、最終回は別の意味で、伝説を残してしまった。
序盤の面白さを保てれば、パン職人という未踏のジャンルにおける
歴史に残る名作になれたかと思うと大変無念である。

非常に残念だが、あのラストを思い返すと、
この作品を26冊読み返す気にはなれない。

しかし、それら中盤から後半の悲惨さを上回ってなお、
序盤の面白さは圧倒的だった。

最近は「橋口たかし」の名前を見なくなってしまったが、
あの時代に魅せてくれた面白さを、
もう一度読ませてほしいものである。

f:id:mangadake:20180101122852p:plain