つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

炎のニンジャマン

島本和彦」90年代の迷作である。

今でこそ有名マンガ家として活躍している作者だが、
恐らくこの時代はマンガマニアは知っているが、
一般大衆にはその名が知られていない不遇の時代だったと記憶している。

そして、週刊少年サンデーを舞台に活躍していたのも、
この頃が最後の時期となり、
以後、マイナー雑誌でさらに尖った連載を続けた結果、
今日のキャラクターとしての作者像が完成していくわけだから、
マンガ家人生、何があるかわからないものである。

本作自体は、学園の忍者部に所属する主人公が
大きな敵に狙われて闘いながらギャグを挟むという、
ある意味、伝統的な島本作品である。

ただし作品としての面白さは、やはり、
逆境ナイン」を始めとした過去の名作と比較すると、
弱い部分は否めないので、
島本作品が好きな方だけにオススメしたい。

f:id:mangadake:20171227072533p:plain