つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

局地的王道食

松本英子」のW完結フェアという事で、
今回は、2巻で完結した局地的王道食。

ちなみに局地的王道食とは、
「作者のこころのだいじな食べ物」の事らしい。

この作品、本当に好きだったので2巻で完結が非常に残念。

異端の作者に相応しい、
他の人がそこまで愛さないグルメ界の脇役的な食材を、
毎回取り上げるという、唯一無二のグルメマンガ。

個人的には、「ちくわの磯辺揚げ」や「求肥」の回などがツボ。
「そば湯」の回で、緑のたぬきのそば湯に挑戦するあたり、
作者の圧倒的な個性が反映されている。

また、作風も一新しており、「プロジェクト松」以降、
ずっと描かれていた松の字がついた自画像から、
女性らしいキャラクターと「モグさん」というゆるキャラも追加して、
作者としては相当に冒険していた作品だったが、
十分に面白く仕上がっていた。

2巻の惜しいところは、
作者が「のらぼう菜」に憑りつかれてしまった点だろうか。
まさか「のらぼう菜」だけで3回も連載するとは思いもよらなかった。
と思っていたら新連載は直売所巡りになるらしく、
本気で憑りつかれたようである。

まぁ、「松本英子」らしいテーマなので、
新連載も非常に楽しみではあるのだが。

「モグさん」は再び松本作品に出てくることはあるのか、
その点だけが気がかりである。

f:id:mangadake:20171209175813p:plain

 

局地的王道食(1) (ワイドKC モーニング)

局地的王道食(1) (ワイドKC モーニング)

 

 

 

局地的王道食(2)<完> (ワイドKC モーニング)

局地的王道食(2)<完> (ワイドKC モーニング)