つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

BASARA

長編ファンタジーというジャンルが、
少年マンガの十八番と信じて疑わなかった当時の私を
木っ端みじんに打ち砕いてくれた、衝撃的な作品。

少女マンガでありながら、長編大河浪漫の頂点に立つ物語、
それが「田村由美」の大傑作「BASARA」である。

改めて読み返してみても、圧倒的に惹き込まれる完璧な第一話。
そして、衝撃的な赤の王と主人公「更紗」の出会い。
既にこの時点で、その後9年も続くことになる
冒険の土台は組みあがっているのだから凄まじい。

また、数多の登場キャラクターにおいても、捨てキャラは存在せず、
各種エピソードにも無理がなく、現在の無駄な長期連載作品に
爪の垢を煎じて飲ませたいような作品である。

加えて、未来の日本という設定の使い方も抜群で、
下手に凝った設定を加えないことで、
ファンタジー作品にありがちな
地名や文化が覚えられない問題を回避している。

以上のように褒めればきりがない作品だが、
本作が最も優れていたのは、やはり、
恋愛と冒険という、二兎を本気で追いかけた点ではないだろうか。

それまで多くのマンガが、どちらか片方だけを追いかけていた中で、
この作品は初めて、2つのテーマが両立できることを証明したのである。

文庫版5巻の「近藤史恵」の解説が、最も的確にそれを説明しているので、
今回のレビューは、その言葉で締めくくりたい。


少女にだって戦いの物語は必要だ。
けれども、かっこいい男の子に恋することもやめる必要はない。
どちらかひとつなんて、いったいだれが決めたのだろう。
欲しいのは両方だ。

少女マンガの歴史に残る金字塔である。

f:id:mangadake:20171205224103p:plain

 

BASARA バサラ文庫版 全16巻完結セット (小学館文庫)

BASARA バサラ文庫版 全16巻完結セット (小学館文庫)