つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

補助隊モズクス

異端の連載が多い雑誌「ハルタ」の中でも、
一際異彩を放ったグロテスクアクションの傑作。

ホテルの一室で突然現れた三匹の生き物と契約する事になった
平凡なサラリーマン「東海林」は、その三匹の式神を使い、
人間に取り付く化け物「倫虫」を滅ぼす役目を負うことになった。

こんな風に書くと、いかにもファンタジー系の設定だが、
主人公や周囲の人間の描写はかなりリアルに作られており、
世界を救う甘いファンタジー作品ではない。

スプラッタアクションと呼ぶに相応しい、 スリル感とバトル、
そして、倫虫や式神の気持ち悪さがスゴイ。

まったくもって万人にはオススメできないが、
アイアムアヒーロー」等が読めるなら描写は問題ないかと。

ただし画力とは全く別のベクトルにおいて
本作のほうがよりハードに、そしてリアルに主人公が世界と闘っている。

物語自体は打ち切り的な終わり方で、話もどんどん飛んでしまうので、
マニアックな作品が好きな方にしかオススメできないが、
作者「高田築」の次回作があれば、是非また読みたい。
そんな期待感を持たさせる作品である。

f:id:mangadake:20171112041540p:plain