つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

少年の国

数少ない宗教マンガの傑作として、
語られる事の多かった本作「少年の国」


宗教等少しも信じていなかった、
不良少年「上杉」の存在を通して、
読者は、人が宗教に染まっていく
心理と狂気を体験できる仕掛けになっている。


作者「井浦秀夫」得意の冷静な視線と、
高い人間観察力や論理構成力がなければ
実現できなかったであろう傑作である。


オウム真理教の事件発生3年前に
事件を預言したと語られる事もある本作だが、
その方向だけで賞賛されるのは、いかがなものか。

本作の素晴らしさは、
時代を先取りした先見性だけではない。


ごく当たり前の若者が、自分たちの理想を追い求め、
そして、理想を狂信にこじらせ自らの世界を破壊していく様子は、
オウム真理教のような宗教の事件だけに限った事ではなく、
様々な思想による運動全てを含んでいる事象である。

むしろ本作の白眉は、思想活動の渦中にいた人間の、
心の変遷と葛藤を、これほど見事に
マンガの上に再現しきった事である。


文庫版で全2冊。1巻の巻末にはマンガ評論家「呉智英」の
解説もついており、併せて読む事で本作の持つ
本質的な面白さを理解できるだろう。

宗教を舞台にしたジャンルのマンガは徐々に増えつつあるが、
宗教という思想行為の本質に迫ろうとしている作品は少なく、
本作の知名度が下がっているのは見過ごせない事態だ。

これを読まずに宗教マンガを語ることはできない、
必読の名作の一つである。

f:id:mangadake:20171110235242p:plain

 

少年の国 : 1 (アクションコミックス)
 
少年の国 : 2 (アクションコミックス)