つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

黎明のアルカナ

作者「藤間麗」の出世作となったロマンスファンタジー。

黒髪の人間が王族になる世界で、
赤髪を持って産まれた王女「ナカバ」は、
和平の口実と共に敵国の王子「シーザ」の元に輿入れする事になる。

そして、彼女の中に眠っていた、
歴史を動かす「刻のアルカナ」の力が次第に動き出すのだが。。。

中盤までは国家レベルの壮大なファンタジー作品として
素晴らしい勢いを見せるのだが、
後半、物語が急速にしぼんでいく点が残念でならない。

他のブログのレビューにもあったのだが、
まさに作者の描きたい世界の範囲以上に作品が売れてしまい、
無駄にスケールが大きくなってしまったのが問題だったのだろう。

せっかくだから、この壮大さを本気で追い続けてくれたら、
BASARAクラスの名作になったのではないかと思うのだが、
そこまでは期待しすぎだったのだろうか。

ただし、最終巻は大きい伏線が回収されるので、
その点は評価できる。

絵は綺麗な為、各シーンの描写は巧いので
ファンタジーよりロマンス色に重きを置ける読者なら楽しめるだろう。

f:id:mangadake:20171107100033p:plain