つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

劇画・長谷川 伸シリーズ 瞼の母

往年の名マンガ家「小林まこと」が、
長谷川伸の傑作を劇画化したシリーズだが、
シリーズ中でも屈指の出来栄えとなる本作。


本シリーズでは小林作品に出てきたキャラクターの
スターシステムを採用しているだが、
満を持して「三四郎」を主人公の配役にしているあたり、
作者の作品への自信が伺える。

「幼い時に別れた生みの母は、・・・
 こう瞼の上下ぴったり合わせ・・・」


の名台詞に思わず震えがくるあたりは、
流石の原作者の腕前である。

そして、小林まことオリジナルのラストも清々しい。
時代劇作品が好きな方には是非オススメしたい名作である。

f:id:mangadake:20171029173401p:plain