つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

田中雄一作品集 まちあわせ

グロテスクな異生物と、
人間の混在した世界を描く短編集。

人間以外の生物と共生する社会があるとしたらの、
「if」の世界を粗削りながら描いている作品。

ただし、設定にこだわりがある分、
若干、設定が先行しがちで
キャラクターが無理に動ている部分は難。


ただし、最後の短編「箱庭の巨獣」は別格。

SFだけでなく、人間の世界そのものが、
この程度なのかもしれない、
という既視感を感じ、考えさせられる。

異様なまでの書き込みと設定には、
まさにアフタヌーンらしさ満載であり、
作者の執念を感じさせる。

この手の作者は寡作なので、
次の作品が読めるのは、もう少し先になるのだろう。

f:id:mangadake:20171029115035p:plain