つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

五色の舟

原作者「津原泰水」の傑作を「近藤ようこ」が
マンガ化した本作だが、それにしても凄い作品である。

 

多少マンガを読み慣れた人ならば、
数ページ読んだだけで本作の
異様なまでの魅力が理解できるだろう。

戦時中という非日常の中に障碍者や異形の生き物という
マイノリティーを混ぜ込みながらも、
あくまで淡々と続いていく力強い物語に
読者は必ず最後まで、読まされてしまう。
そんな迫力をもった傑作である。


小説作品のマンガ化はあまり好きでないのだが、
これは見事に成功した事例である。


勿体ないのであらすじは書かないが、
この作品は読んでおいた方が良い。

和風な世界の淡々としたSFは、
かつて一世を風靡したSFマンガを
もう一度流行らせるカギかもしれない。

f:id:mangadake:20171028184220p:plain