つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

タケヲちゃん物怪録

良い作品だった。

作者がのびのびと描いている事が伝わってくる、
非常に良い作品だった。


とよ田みのる」作品は当然ながらその絵が持ち味であり、
良くも悪くもジャンルと作風を限定させてしまう。

その中で、そろそろネタ切れかな、
と思っていた時期に発表されたこの
「妖怪」というジャンルと、作者の絵の絶妙な世界観。


良くも悪くも妖怪漫画の世界は、
水木御大の掌から逃れる事はできないわけだが、
それでも多少なりとも作者における妖怪絵巻が
描かれていたことに感動する。


キャラクター描写も巧みになっており、
特に、最終話1話前は最高の出来栄えで、
今まで読んできた「とよ田」作品の中では白眉の出来だった。


作者の新境地といえる本作を、
未読の方にはお勧めしたい。

f:id:mangadake:20170921204852p:plain