つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生

サブカルチャーで悦に浸っている
どうしようもない人を笑い飛ばす本作だが、
個人的に気になったのは
本作に対する不評レビューの多さである。


恐ろしい数の人に嫌われている作品だ。


それだけで、本作がそれなりの作品であるという事が良く分かる。


この手の他人の人生を俯瞰する作品は、
読者の心に突き刺さるほど、憎しみを持たれるもの。


これだけ多くの低いレビューが付いているという事は、
この作品に刺されて、やり返さずにはいられなくなった、
そんな読者がそれだけ多かったという事なのだろう。


毒にも薬にもならないとは真逆に位置する、
毒だらけの本作は、
確かに確個たる自分の人生が築けていない
若年の頃には少し程度が過ぎる劇薬かもしれない。


作者のあとがきにあるとおり、
本作は、他人の人生を想像して、
主観と客観の円環を描いた作品である。


故に、本作に過剰に反応してしまうのは、
自分自身が、マンガ世界の中にいるからなのである。

本当の事を言われると一番怒る。
人間なんてそんなものなのだろう。

最終話のラストは、何とも言えない味があり、
その点が本作の構成を非常に高くしている点は評価したい。

f:id:mangadake:20170905221605p:plain